混合計画の分析

混合計画の分析は、線形回帰と同じ原理に基づきます。主な違いは、使用されるモデルに由来します。複数のモデルが利用可能です。

デフォルトでは、XLSTATは、 減次モデル(単純化カノニカル・モデル)をセントロイド・シンプレックスに関連づけます。ただし、自由度の数が十分でなければ、(実験の繰り返し数を増やして)モデルを変更することも可能です。そうでなければ、推定しようとしているモデル係数のすべてで、実験の回数が少なすぎるというエラー・メッセージが表示されます。

混合計画に関する制約を実現するために、切片のない多項式モデルが使用されます。我々は、2種類のモデルを区別します:単純化(特殊)モデルと完全モデル(水準3から)。

これらのモデルの推定は、従来型の回帰で実行されます。