TURF分析

TURF分析を使用する理由

TURF (Total Unduplicated Reach and Frequency) 法は,最高のマーケットシェアを得るために,すべての製品の範囲から製品ラインをハイライトするためにマーケティングで用いられる.あるブランドのすべての製品から,最大を達成する製品ラインであるべき部分集合を得ることができる.

たとえば, 30 種類のフレーバーを生産しているアイスクリーム製造業者が,できるだけ多くの消費者に到達するであろう6個のフレーバーのラインを提案したいとしよう.したがって,彼は, 1 から10のスケールで各フレーバーを評価する500人の消費者パネルにアンケート調査を行う.製造業者は,消費者が 8より高いスコアを与えるなら,彼は満足してそのフレーバーを選ぶ傾向があると確信する. TURF 分析は,最も大きなリーチとフレクエンシーを持つ 6 個のフレーバーの組み合わせを探す.

TURF分析の原理

この手法は,単純な統計手法である.アンケート調査(固定スケールでのスコア)に基づいている.分析は製品のあらゆる可能な組み合わせで実行され,各組み合わせで,(1)組合せ中の少なくとも1つの製品が所望される,それらのパーセンテージ(すなわちリーチ)と, (2) 組み合わせ中で製品が所望される合計回数(すなわちフレクエンシー)を記録する.

TURF 分析のためのXLSTATアルゴリズム

:XLSTAT は,製品の最良の組み合わせを見つけるさまざまなテクニックを提供する:

  • 列挙法(enumeration method )は,すべての組み合わせをテストするが時間がかかる;
  • 欲張り法(greedy )アルゴリズムは,とても速いが局所最適に捕まる場合がある;
  • 高速サーチ(fast search)アルゴリズムは列挙法に近いが最適解を保証しない

XLSTATでのTURF分析の結果

製品ごとの度数

の表は,各製品について目標に到達した度数を表示する.

TURF分析で得られた製品ライン

この表は,選択された各組み合わせについて:リーチ,フレクエンシー(度数),各製品の名前を表示する.

TURF 分析で得られた製品ライン (%)

この表は,選択された各組み合わせについて:目標に到達したオブザベーションのパーセンテージ,パーセンテージでのフレクエンシー,および各組み合わせでの各製品のパーセンテージでのフレクエンシーを表示する.