変数変換

変数変換の使用法

変数変換は,分析の目的でより代表的な変数を得るために、しばしば不可欠である.

適切な変換の上で決定することが,しばしば結果の品質を改善する.

XLSTAT の変数変換機能

この機能は,たくさんの種類の分析関数を使用して,量的変数を変換することを可能にする.

XLSTATは、 以下の分析関数を提供する:

  • 標準化 (n-1) 非バイアス法標準偏差を用いて変数を標準化.
  • 標準化 (n) Tバイアス法法標準偏差を用いて変数を標準化.
  • 中心化 変数を中心化.
  • 1/ 標準偏差 (n-1) 変数を非バイアス法標準偏差で割る.
  • 1/ 標準偏差 (n) 変数をバイアス法標準偏差で割る.
  • 0 から 100に尺度変更
  • バイナリ化 (0/1) 0 でないすべての値を1に変換して, 0はそのまま変えない.
  • 符号化 (-1/0/1) すべての負値を -1 に,すべての正値を 1 に変換して,0はそのまま変えない.
  • 逆正弦
  • Box-Cox 変換 標本の正規性を改善する.
  • Winsorize 2つのパーセンタイルで定義される区間内にないデータを消去する.
  • Johnson 変換 標本の正規性を改善する.