官能有効期限分析

官能有効期限分析(Sensory shelf life analysis)は、異なる時間/日付での審査員たちの官能評価を用いて、製品の消費の理想の期間を評価するために用いる。

製品の物理化学的特性は、製品が消費される期間に関する製品の品質を評価するのに十分ではないことがある。しばしば、製品の官能評価を追加することは、最良の消費期限を強調する。ヨーグルトの事例では、消費に適切な製品であっても、官能評価が酸っぱすぎたり、一定期間過ぎていておいしそうに見えなかったりする。

この場合、生存時間分析のデータで通常使用される手法が応用できる。一般的に、このタイプの官能テストを実施する場合、審査員は異なる時間/日付で
同じ製品をテーストする。これは、異なるセッションでも行えるが、通常、テストの日に関する異なる序列で製品を得ることができるプロトコルを準備することを推奨する。各審査員は、テストされた製品についての意見(好き/嫌い)を表明し、そして我々は、各日付での審査員ごとの選好の表を得る。

審査員が選好を変える正確な日付がわからないので、これらの日付を設定するために打ち切りの概念を用いる。したがって、もし選好が毎週収集され、審査員が3週間後に製品を好まないなら、この審査員は第2週と第3週の間の区間で打ち切られる。審査員が調査の全期間で製品を好むとしたら、その審査員は調査の最後の日付で正しく打ち切られる。そして、審査員が製品を好まず、調査中に後で好む場合、我々はこの審査員が左側打ち切りで、最後の日付で選好を変更したとみなす。