官能識別検査

このツールは、XLSTATによる官能分析で、最も一般的な識別検査を適用できるようにします。これは、3点試験法(triangle test)、1対2点試験法(duo-trio test)、2-AFCなどを含みます。それは、ある製品が2番目の製品から有意に異なるかどうかを知ることができます。

新製品を導入するとき、官能分析では識別検査がとても重要です。XLSTATは、これらの検査の結果を分析できます。

これらの検査のパラメータを推定するために、2つのモデルが使用できます:

  • サーストン・モデル
  • 推測モデル

XLSTAT は、以下の試験を実行できます:

  • 3点試験法(Triangle test): 各審査員に異なる順序で3 つのサンプルが提示される。これらのサンプルのうち、2つが類似で、3つ目のものは異なる。審査員は、他と異なるサンプルを識別しなければならない。
  • 1対2点試験法(Duo-trio test): 審査員は参照製品をテーストする。そして、彼らは2つの異なる製品をテーストする。審査員は、参照製品と類似の製品を識別しなければならない。
  • 2対5点試験法(Two out of five test): 5個のサンプルが審査員に提示される。これらのサンプルは2つのグループに分かれていて、1番目のグループは3つの類似したサンプルを含み、2番目のグループは2つの類似したサンプルを含む。審査員は、2つの類似したサンプルを識別しなければならない。
  • 2-AFC 試験法: 2つの製品が各審査員に提示される。審査員は、特定の特徴について、どの製品が最も高い強度であるかを当てなければならない。
  • 3-AFC 試験法: 3つのサンプルが各審査員に提示される。2つが類似しており、3つ目のものは異なる。審査員は、特定の特徴について、どのサンプルが最も高い強度であるかを当てなければならない。
  • 4点試験法(Tetrad test): 2つずつ類似した4つのサンプルが各審査員に提示される。各審査員は、両方のグループのサンプルを識別しなければならない。

これらの試験は、それぞれ一長一短があります。この問題を広範に論じた文献があります (Bi, 2008)。

XLSTAT は、精神測定関数とd' を使用しており、使用したい分布を選択することができます。