双列相関

一方が1つまたは複数の量的変数で,もう一方が1つまたは複数のバイナリ変数の間の双列相関が,XLSTATで計算できる. 双列相関は,Pearson (1909) によって提案された.

Pearson 相関と同様,双列相関係数は, -1 と 1 の間の値をとる. 0 は,無関係である(質的変数の2つのカテゴリでの量的変数の平均が同じ).

XLSTAT は,得られた双列相関 r が0と異なるか否かを検定できる.

両側検定では,帰無仮説 H0 と対立仮説 Ha は以下のようになる:

  • H0 : r = 0
  • Ha : r ≠ 0

左側検定では,下記の仮説を使用する:

  • H0 : r = 0
  • Ha : r < 0

右側検定では,下記の仮説を使用する:

  • H0 : r = 0
  • Ha : r > 0


 p値を計算する2つの方法がXLSTATによって提供されている.ユーザーは,大規模標本近似を用いて計算されたp値と,モンテ・カルロ再標本を用いて計算されたp値のいずれかを選ぶことができる.2番目の手法が推奨されている.

注意: XLSTAT_Biserial スプレッドシート関数は,量的変数とバイナリ変数の間の双列相関を計算するのに使用できる.


含まれる機能: