三角ダイアグラム

この可視化手法は、たとえば、化学や岩石学など、比率が変化する3つの要素で作業するドメインでとくに便利です。

このツールは、各ポイントを各軸に接続してポイントと投影線を表現する三角ダイアグラムを作成できます。

三角ダイアグラムには2つのアプローチがあります:

  • 軸上のポイントの正射影に対応するセグメントが、3つの要素の相対比での情報を与える。
  • または、軸 A に平行な軸 B 上の射影が、軸Bに沿ったポイントの座標に対応する。ここで、Bは反時計回りでAの後である。 

XLSTAT は、現在のところ、2番目のアプローチのみを提供します。