傾向スコア・マッチング

観察研究での交絡変数の効果を制御するために2つの異なる群の参加者を照合するためには、この機能を使用する。