有/無のコーディング

有/無のコーディングを使用する理由

多くのドメインで,データが属性のリスト(統計的個体ごとのリスト)の集合として利用可能なことがある。これは、植物のリストに関する薬剤的な特性のリスト、または生息空間での種の発生のリストかもしれない.これらのリストは,ほとんどの統計ツールで取り扱うことができず,したがって,各セルが属性が存在する場合に0,存在する場合に1の値を持つような有/無の表に変換される必要がある.

XLSTATでの有/無のコーディング

属性の表を各リストのさまざまな要素の度数を示す有/無の表に変換することが,いまだかつてなく簡単になった。有/無コーディングのためのXLSTATツールで表を選択するだけで,即座に新しい表が生成される.

下記は,有/無コーディングの事例である.さまざまな要素を含む2つのリストの表に基づいて,有/無コーディングは各リストの要素の存在を要約する.

List 1List 2
E1 E1 E2 E1 E3E3 E1 E4

有/無コーディングによる表:

 E1E2E3E4
List 11110
List 21011