パラメトリック生存曲線

パラメトリック生存曲線とは

パラメトリック生存曲線は,投与 生命表 分析と同様,生存分析の記述手法に属する.

パラメトリック生存曲線は,母集団生存曲線とパラメトリック分布に基づく中央値生存時間などの本質的な統計量をすばやく得ることができる.

パラメトリック生存曲線は,故障寿命(failure time )の分布がサポートできる場合の Kaplan-Meier 分析の代替である.

パラメトリック生存曲線の使用

パラメトリック生存曲線は,任意の集団が時間とともにどのように進展するかを分析するために使用される.この手法は,ほとんど,生存データか製品の品質データに適用される.個体または製品の集団がなぜ進展するかには,3つの主な理由がある:いくつかの個体が死亡(製品が故障)する,いくつかは治癒する(修理される)ために,または追跡が失われる(個体が他の場所に移る,調査が終了する,その他の理由)ために,調査される集団から外される. 1番目のタイプのデータは,通常,"故障データ(failure data)", または "イベント・データ(event data)"と呼ばれ,一方,2番目のタイプのデータは,"打ち切りデータ(censored data)"と呼ばれる.

 

XLSTATでのパラメトリック生存曲線の結果

パラメトリック生存曲線の表

選ばれた分布(通常,Weibull分布)のパラメータが, 標準誤差,p値,信頼区間とともに表示される.

分布およびデータに関する変位値も表示される.

パラメトリック生存曲線のグラフ

XLSTAT は以下のグラフを提供する:

  • 生存分布関数 (SDF)
  • -Log(SDF)  : 生存分布関数の(SDF)の –Log()
  • Log(-Log(SDF))  : 生存分布関数の Log(–Log()) 
  • ハザード関数.