顧客長期価値(CLTV: CUSTOMER LONG-TERM VALUE)

顧客から将来得られるキャッシュフローを推定し、顧客獲得後、彼らをどれだけ長く維持できるかを推定します。

注文履歴に基づいて、顧客長期価値 (CLTV: customer long-term value) は、顧客から将来得られるキャッシュフローを推定し、顧客獲得後、彼らをどれだけ長く維持できるかを推定することを支援します。また、顧客ライフサイクルをよりよく理解し、高い離反リスクを識別し、延長された期間で顧客によって生成される利益の推定を提供することも可能にします。

 

顧客長期価値 (CLTV: Customer Long-term Value) :

顧客長期価値(CLV: Customer Lifetime Value)は、顧客と会社の間の関係性に起因する将来のキャッシュフローの現在価値として定義できます。

ここで、実装されるモデルは一般維持モデル (GRM: General Retention Model)で、このモデルは単純維持モデルと同様、 契約状況にある顧客に適してします。

単純維持モデル(SRM: simple retention model)は、維持率が時間で一定であることを仮定します。しかし、多くの場合、維持率は常に一定であるとは限りません。維持率維持モデル (GRM) は、維持率 rr が時間で変化し、キャッシュフローがキャンセルの時間に従属することを可能にして、SRMを拡張しています。

CLTV を計算するために一般維持モデル(GRM: general retention model)を使用:

このモデルを実装するために、我々は生存時間分析、より具体的には、生命表分析に関係する手法を用います。

XLSTATでの顧客長期価値機能のオプション

セグメント・ラベル: セグメント・ラベルを選択してください。このフィールドは、セグメント・オプションが有効で、次のオプションの少なくとも1つが有効であるときのみ利用可能です: 値引き率、固定費、またユーザー定義維持率。

値引き率: 顧客に適用する値引き率を考慮に入れたい場合は、このオプションを有効にしてください。このレートは一定であるとみなされます。セグメント・オプションが有効になっている場合、セグメントごとに1個の値を選択し、行がセグメント・ラベルを同じ順番であることを確認してください。

固定費: CLVの計算時に生成された収益から特定の固定運用コストを差し引きたい場合は、このオプションを有効にしてください。複数のコストを含める場合は、複数の列を選択してください。セグメント・オプションが有効になっている場合は、セグメントごとに1個の値を選択し、行がセグメント・ラベルと同じ順番になっていることを確認してください。

支払い:

  • 期間の始め: 各期間の始めに支払いが発生する場合は、このオプションを有効にしてください。
  • 期間の終わり: 各期間の終わりに支払いが発生する場合は、このオプションを有効にしてください。

XLSTATでの顧客長期価値機能の結果

CLV: 平均CLVを表示するには、このオプションを有効にしてください。セグメント・オプションが有効になっている場合、この値は各セグメントで表示されます。

顧客生涯分析: 顧客ライフサイクル分析タブを表示するには、このオプションを有効にしてください。セグメント・オプションが有効になっている場合、これらの値は各セグメントで表示されます。2つのオプションの間で選択できます:

  • 要約 :顧客のライフサイクルに関する履歴を表示したい場合は、このオプションを有効にしてください。
  • 完全 : 顧客のライフサイクルに関するより深い結果を表示したい場合は、このオプションを有効にしてください。

顧客長期価値 (CLTV) 推移: 各期間で CLV と CLTVを表示するには、このオプションを有効にしてください。ここでCLTVは, 関連する期間までの累積CLV と一致します。

セグメント比較: セグメント・オプションが有効になっている場合、セグメントの累積維持関数の比較を実行するには、このオプションを有効にしてください。

維持関数: 累積維持関数の時間的推移を示すチャートを表示するには、このオプションを有効にしてください。

確率密度: 確率密度の変動を時間の関数として示すチャートを表示するには、このオプションを有効にしてください。

ハザード率: ハザード率を時間の関数として示すチャートを表示するには、このオプションを有効にしてください。