データ・サンプリング

データ・サンプリングの使用

サンプリングは,基本的なデータ解析および統計手法の1つである.サンプリングは,データ集合からサイズnの標本を抽出することを目的とする.

標本は次の目的のために生成される:

  1. 1つの標本で仮説を検定し、そして、もう1つでそれを検定する;
  2. 元の表の特性を持つとても小さな表を得る.

さまざまなシチュエーションに対応するために、複数の方法が提案されてきた.

XLSTAT のデータ・サンプリング・オプション

XLSTAT は、M行の表からN個のオブザベーションの標本を生成するために、下記の方法を提供します:

  • 最初のN行
  • 最後のN行
  • 置換なし無作為
  • 置換あり無作為
  • 無作為開始からシステマティック
  • システマティック中心化
  • 3 オプションで無作為
  • ユーザー定義

結果の標本にマッチする指示変数を生成することもできる.


含まれる機能: