分割表の作成

分割表とは

分割表は,2つのカテゴリ変数V1 およびV2の間の関係(または対応)を要約する効率的な方法である.それは以下の構造を持つ:

V1 V2カテゴリ 1 カテゴリ j カテゴリ m2
 カテゴリ 1n(1,1)n(1,j)n(1,m2)
 カテゴリ in(i,1)n(i,j)n(i,m2)
 カテゴリ m1n(m1,1)n(m1,j)n(m1,m2)

ここでn(i,j) は,変数  V1の特性i と変数 V2 の特性j の両方を示すオブザベーションの度数である.

分割表を作成するためのXLSTAT ツール

2つまたはそれ以上の量的変数から,XLSTATは,そのデータ集合の構造を要約する分割表を即座に作成することができる. 分割表内の分布を記述するいくつかの検定が利用可能である.

分割表でのXLSTAT の検定

XLSTAT は,2つの変数間の関係性を特徴づける2つの基準を提供する:

  • カイ2乗距離は,2つのカテゴリ間の距離を測定するために提案された.カイ2乗距離の合計であるPearsonカイ2乗統計量は,行と列の独立性を検定するために使用される.
  • イナーシャは,物理学からヒントを得た測度で,分割表を深く分析するために使用される手法であるコレスポンデンス分析でよく使用される.ポイントの集合のイナーシャは,重心への2乗距離の重みつき平均である.

含まれる機能: