選択ベース・コンジョイント分析

選択ベース・コンジョイント (CBC)分析の原理

コンジョイント分析は,競争環境における新製品の分析のための包括的な手法である.このツールは,人々の標本から回答を収集した後,得られた結果を分析するステップを実行できる.それは属性が定義され,計画が生成され,個人の回答が収集された後の4番目の分析ステップである.

CBC モデルの場合,個人は,プロファイルのセレクションから選ばなければならない.したがって,すべての個人に複数の選択が与えられる(我々は,生成された複数の製品から1つの製品を選択する).

これらの選択の分析は,特定の条件付きロジット・モデルに基づく多項ロジット・モデルを用いてなされる.より詳細は,条件付きロジット・モデルのヘルプを参照のこと.

選択ベース・コンジョイント分析の結果

完全プロファイル・コンジョイント分析とは異なり,選択ベース・コンジョイント分析の一部として,我々は総効用,すなわち,すべての個人に関連する各変数の各カテゴリで1つの効用を得る. 個人に基づいて分類することは不可能である.

XLSTAT-Conjointは,変数で定義された各グループで個別のモデルを構築するセグメンテーション変数を含めることを提案する.効用に加えて,コンジョイント分析は,各変数に関する重要度を提供する.