XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

XLSTAT-R

R, XLSTAT, MS Excelの長所を組み合わせたフレキシブルなインターフェース.

ViolinPlot.png

XLSTAT-Rとは? 

XLSTAT-R は,Microsoft ExcelのXLSTATダイアログ・ボックス内でRプロシージャを使用・記述するために設計された画期的なインターフェースである.エンドユーザーは,データが格納されているMicrosoft Excelを離れることなく,Rの無限の可能性から恩恵を受けることができる

XLSTAT-Rの利点は何ですか?

XLSTAT-Rを用いると,以下のことが可能になる:

  • すでに作成された多数のRプロシージャをExcelのデータに適用する.プロシージャはMicrosoft Excelを入出力に使用しながら.バックグラウンドでXLSTATとRを呼び出すユーザー・フレンドリーなダイアログ・ボックスの形で現れる.
  • XMLコード・テンプレートを用いて,XLSTATのダイアログ・ボックス内で,ユーザー自身のRとXLSTATを組み合わせたプロシージャを編集することができる.
  • ユーザーからの要望に応じて、追加のR関数が開発チームによって統合される.
  • ユーザーがプロシージャを公開できる.

XLSTAT-RとXLSTAT-RNotebookの違いは?

おもな違いは,XLSTAT-RNotebookは,Excelシート内で直接Rコードを書いて実行できるのに対して,XLSTAT-Rはダイアログ・ボックスを通してR関数を呼び出すということである.後者は、いかなるコーディングも必要としない.

XLSTAT-Rに含まれる関数は?

XLSTAT-Rは,以下を含む30以上のR関数へのアクセスを提供している.

  • 並べ替え多変量分散分析(PERMANOVA)
  • パネル回帰
  • 順位ベース回帰
  • 人工ニューラルネットワーク
  • medoid周辺での分割
  • 混合データについての非類似度行列
  • GARCH
  • Kriging
  • ディリクレ回帰

XLSTAT-Rのチュートリアル

ヘルプセンターでは,XLSTAT-Rのインストール方法,さまざまな関数の使用方法,独自のダイアログ・ボックスの作成方法などを説明する 16のチュートリアル がある.

ternary diagramneural network diagram

Excelで動作する統計解析ソフトウェア。

14日間無償トライアルあり。