時間荷重管理図

時間荷重管理図とは

時間荷重管理図は,生産の領域で使用される品質管理図の一種である.各時点で測定値のグループまたは単一の測定値がある場合に,生産品質を監視するために,このツールを使用する.測定値は量的変数である必要がある..

時間荷重管理図は,測定された生産品質の平均とバラツキを要約するのに便利である.

XLSTATでの時間荷重管理図

XLSTAT 時間荷重管理図は,下記の種類の管理図を提供する:

  • CUSUM (Cumulative sum of quality characteristic measurement) または CUSUM 個別
  • UWMA (Uniformly weighted moving average) または UWMA 個別
  • EWMA (Exponentially weighted moving average) または EWMA 個別

CUSUM, UWMA または EWMA 管理図は,生産工程の平均を追うのに便利である.平均シフトがダイアグラムで簡単に可視化できる.

UWMA および EWMA 管理図

この管理図は,生データに直接には基づかない.それらは,平滑化されたデータに基づく.UWMA 管理図の場合,データは,移動窓内で一様な重みづけを用いて平滑化される.そして管理図は,シューハート管理図のように分析される.

CUSUM 管理図

これらの管理図は,生データに直接には基づかない.それらは正規化データに基づく.これらの管理図は,ユーザー定義の粒度での平均シフトを検出することを支援する.粒度は,設計パラメータ kで定義される. k は検出される平均シフトの半分である. 1 シグマのシフトを検出するには,k は0.5に設定される.2種類のCUSUM 管理図が描かれる:片側と両側の管理図.