パレート図

パレート図とは

パレート図は,カテゴリ変数の水準の発生の度数と,発生の合計数の累積パーセンテージを表示する.パレート図の名前はイタリアの経済学者に由来するが,産業問題に最初に適用したのは,J. M. Juran であると認められている.

パレート図の目的

パレート図の目的は,要因の集合(通常,大規模)間で最も重要な要因をハイライトすることである.調査されるべき原因(未確認項目など)が,一覧され,合計が100 %になるように,それぞれにパーセンテージが割り当てられる.パーセンテージは,実質的には棒グラフや円グラフであるダイアグラムを構築するために使用される.パレート分析は,原因を順位づけして,それらのどれに最初に取り組むべきかを決定するために使用する.

XLSTATでのパレート図

XLSTAT は,N個の質的値からなる標本について,便利でデータに関する洞察を与えるたくさんの記述統計量とグラフを提供する::

  • オブザベーションの数
  • 欠損値の数
  • 重みの和*
  • 最頻値*
  • 最頻値の度数*
  • カテゴリ
  • カテゴリの度数*
  • カテゴリの相対度数*
  • カテゴリごとの累積相対度数*

(*) アスタリスクが付いている統計量は,オブザベーションの重みを考慮に入れる..

同時に複数の変数(または標本)を選択できるが,XLSTAT は,標本のそれぞれについてすべての記述統計量を別々に計算する.

質的データでは,複数の種類の図が利用可能である:

  • 棒グラフと円グラフ: 質的変数のさまざまなカテゴリの度数または相対度数を棒グラフまたは円グラフで表現するには,このオプションをチェックする.
  • 二重円グラフ: れらのグラフは,サブ標本の度数または相対度数をそれらの完全な標本と比較するために使用される.
  • ドーナッツ・グラフと積み重ね棒グラフ: これらのオプションは,サブ標本の列が選択されたときのみチェックされる.これらのグラフは,サブ標本の度数または相対度数をそれらの完全な標本と比較するために使用される.