パネル回帰

パネル回帰は、パネル効果と時間効果によるモデルに適応する回帰の一種である。

パネル回帰(Panel regressionパネル・データ縦断データ(longitudinal data または横断データ(cross-sectional dataとも呼ばれるデータに適応するモデリング手法である。これは、統計単位(すなわちパネル・ユニット)の振る舞いを時間とともに追う経済学で広く使用される。それらの単位は、組織、国、州などであり得る。パネル回帰は、回帰係数を計算する際に、単位効果および時間効果の両方をコントロールできる。

The panel regression function developed in XLSTAT-Rで開発されたパネル回帰関数は、Rのplmパッケージのplm関数(Yves Croissant)を呼び出す。