Mood 検定(中央値検定)

1950年に提案されたMood test - 中央値検定ともいう - は、k個の独立標本間の中央値の同等性を検定することを可能にする。

この検定は、ノンパラメトリック手順に基づき – したがって、測定値の分布に関してどのような仮定も行わない- 、ピアソンのカイ2乗検定の特殊例としてみなすことができる。