Kriging

環境調査でよく使用されるkriging は、時空間補間のためのアプローチである。

Kriging は、地質学や気象学などのさまざまな分野で使用される時空間補間の地球統計的手法である。これは、特定の場所での未知の値を他の場所での利用可能な値から推定することができる。

XLSTAT-Rで実装されているKriging 関数は、gstat オブジェクトを作成し、variogram モデルを生成し、Variogram モデルを標本 Variogramに適合させることを可能にする。順序、単純およびuniversal(普遍)krigingの3種類のkrigingが適用できる。この XLSTAT-R 関数は、Rのgstatパッケージのgstat、vgm およびfit.variogram 関数 (Edzer Pebesma, Benedikt Graeler)を呼び出す。