スクリーニング計画

スクリーニング計画のファミリは、複数の因子の効果を調査することを目的とします。一般的に要因計画が、このタイプの調査に最も有効です。ただし、要因計画を用いる場合、必要なテストの数がしばしば大きくなります。実行できる実験の数の制限を考慮に入れるために、他にいくつかのタイプの計画があります。

このツールは、数100の直交計画表の大規模ベースを統合しています。ANOVA分析は釣り合い型計画法に基づくので 、直交計画表が望ましいです。ユーザーによって記述された計画に近い計画が、最適計画の計算なしに、セレクションで利用可能になります。それぞれ2から7カテゴリを持つ35個までの因子で、既存のすべての直交計画が利用可能です。 最も一般的な完全要因計画、ラテン方格、およびPlacket and Burman 計画などが含まれます。 

ナレッジベース内の既存の直交計画が、ニーズに合わない場合は、d-最適計画を探索することが可能です。これらの計画は、直交でない可能性があります。