アソシエーション・ルール

アソシエーション・ルールは、大規模のデータセットから1つまたは複数のオブジェクトと他のオブジェクトの集合との配向された関係性を発見することを可能にします。それは、関連する製品間のリンクを発見するために消費者バスケットを調査する際に、しばしば適用されます。

1994年に Rakesh Agrawal とRamakrishnan Sikrant が、ルールの形式でアイテム間のアソシエーションを識別するアプリオリ・アルゴリズムを提案しました。このアルゴリズムは、分析するデータのボリュームが重要な場合に使用されます。アイテム数が数万であるかもしれないので、その組み合わせは、すべてのルールを調査することはできない数になります。したがって、ルールの探索は最も重要なそれに制限することが必要です。品質測度は、アルゴリズムの2つのフェーズの間で 組み合わせ的爆発を制限して、結果のソーティングを可能にする確率値です。

XLSTATは、Excel ファイルまたはフラット・ファイルで、このアルゴリズムを適用することを可能にします。