XLSTAT VERSION 2020.1.3

2020.1.3.png

 

 

XLSTAT 2020.1.3 が利用可能です! 新機能は? 

XLSTATの出力シートに新しいボタンが追加されて、 主成分分析(PCA)やその他の次元削減手法(MFA、FA、MCAなど)の実行後、凝集型階層クラスタリング(AHC)を素早く実行できるようになりました。 

標本識別子の複数の列を選択できて、標本識別子のそれぞれで一度に独立性の検定を実行できるようになりました。欠損オブザベーションの除去のオプション(欠損値タブ)が追加されたので、データ内の欠損値は制限ではなくなりました。 

この機能は、パラメトリック検定メニューからアクセスできます。  

三角ダイアグラム内のオブザベーション・ポイントをそれらの属するグループで色づけできます。この目的のために、三角ダイアグラム・ダイアログ・ボックスのグループと名付けられた新しいフィールドを使用してください。

データ可視化メニューから使用できます。

この新しいメソッドバリデーション・ツールは、許容限界と外れ値がプロットされる2変量散布図からなります。実験室医学で一般的に使用され、実験室間のテスト手順のパフォーマンスを評価します。 

手法比較 メニューからこの機能にアクセスできます。

Levenberg-Marquardt アルゴリズムの改良によって、協力でより速い計算が達成されています。等分散でランダムに分布した残差の仮定を検証するためのグラフの残差値..適合値の追加。

投与効果分析 メニューからこの機能にアクセスできます。

STATISで決定される軸上で各コンフィギュレーションの各オブジェクトを射影するチャートが追加されました。官能データ分析において、このグラフは、任意の製品で、審査員同士がどのように近くて、誰が離れているかを評価することを助けます。 

官能データ分析 メニューからこの機能にアクセスできます。

便利な矢印でXLSTAT レポート・シートのどれにでも素早く上下移動できるようになりました。


XLSTAT 2020.1.3の取得方法?

バージョン2020.1.3は、ソフトウェアの改良、高度なオプション、および性能の向上を提供します。このバージョンのインストールは、すべてのユーザーに推奨されます。

現在トライアル・バージョンをご使用か、サポートが有効なライセンスをお持ちであれば、このバージョンを下記から無償でダウンロードできます:

アップグレードおよびメンテナンス期限の切れた永続ライセンスをお持ちの場合は、My XLSTATポータルからアップグレードをご注文頂くか、販売部門にお問い合わせ ください。 


最新のイベント

This module focuses on Analysis of Variance, but this technique makes assumptions about the underlying distributions in our data

This course covers the excellent features in XLSTAT for investigating, visualising and modelling data sets with measurements on many variables.

This short course delivered online will show consumer scientists how to use partial least squares in XLSTAT for relating consumer acceptability to sensory/analytic measures.

最新ツィート

🗓️ We are excited to announce this year's online @addinsoft event: January 19th 2021. ▶️ New product announcement… https://t.co/MJVEi6500B

🎥 Did you miss our last #webinars ? That's not a problem! Click below to access the recordings per theme. 🔬Sensory… https://t.co/HBk2FwjdgA