XLSTAT VERSION 2019.3.2

最新バージョンXLSTAT 2019.3.2 が利用可能です! 新機能は? 

 

XLSTATのすべてのソリューションでは:

よりインタラクティブは可視化のための新しいグラフィック能力が利用可能です:

- Y軸に異なる尺度値の量的変数を表示

- 記述統計にいろいろな線スタイルとリジェンドを使用

- チャート上で特定のグループを強調することが可能

 

この機能は、XLSTATメニューのデータ可視化の下にあります。 

XLSTAT Marketing & Premiumでは:

 

MaxDiff 調査を計画するときに、多くの質問を含めすぎると、回答者が疲れたり混乱したりしがちです。XLSTATの最新バージョンは、あなたのMaxDiff分析の回答者のグループごとに、異なる質問を使用できるようにします。  

この機能は、XLSTATメニューのコンジョイント分析の下にあります。 

Sensory & Premiumでは:

潜在理想点と合格(承認)ゾーンの検出が追加されました。さらに、PCA および標準化オプションの上部にPLS回帰に基づくデータの予備的変換を実行できるようになりました。

 

CAP (Control of Assessor Performances:審査員パフォーマン管理) 表が追加されました。パネル分析の結果の多数意見を合成して、製品説明や審査員の同意および再現性に関する大量の情報を得るために、この表を表示します。 

 

審査員 x 製品の表でコクランのQ検定を実行する際に、Critical Difference:重要な違い (Sheskin)に基づく新しい多重ペアワイズ手順を選べるようになりました。結果は、各属性の表ごとに表示されます。 

これらの機能は、XLSTATメニューの官能データ分析の下にあります。 

Life Sciences & Premiumでは:

- 大容量csvファイルまたはtxtファイルからインポートして、変数のリストからデータを選択することが可能になりました。

- 生命表分析で生存時間曲線をステップ関数として描くことが可能になりました。 

これらの機能は、XLSTATメニューの生存時間分析の下にあります。 


XLSTAT 2019.2.3の取得方法?

XLSTAT 2019.2.3 は、ソフトウェアの改良、高度な機能および性能の向上へのアクセスを可能にします。このバージョンのインストールは、すべてのユーザーに推奨されます。

現在、トライアル・バージョンをお使いか、有効なライセンスをお持ちであれば、下記からこのバージョンをダウンロードできます:

無償アップグレードおよびメンテナンスへのアクセス権のない永続ライセンスをお持ちの場合は、My XLSTATポータルからアップグレードをご注文されるか、弊社にお問い合わせ ください。 

 


最新のイベント

Three one-day workshops designed to give you the knowledge practice and tools to analyse consumer test data and to optimise the sensory properties of foods, beverages, personal products.

Learn the basics of descriptive statistics, multivariate data analysis, tests and modeling with XLSTAT-Basic+

Learn the basics of descriptive statistics, multivariate data analysis, tests and modeling with XLSTAT-Base

最新ツィート

✅ How is @XLSTAT being used in research? https://t.co/fn1zBogkQ6 📄 In this paper, discover how #XLSTAT k-means and… https://t.co/WVs017UrE8

#StatCafé - Summarize your quantitative data using descriptive statistics in @XLSTAT! https://t.co/ndwkVFDGCh Di… https://t.co/IHiyGMGaQ2

🎉 A warm #welcome to Tristan! Tristan joins the @XLSTAT engineering team as an intern to work on new and exciting p… https://t.co/fYWLm1gsT9