1850 年から 2015年まで の気候データの分析

FACEBOOK.png

 

この分析の目的は、地球規模の温度変化を記述し、可視化し、予測することです。 それをするために、我々は XLSTATの時系列分析を使用します。時間データの分析 は、データ分析および統計解析の1つの分野です。 このデータのタイプは、時系列データと呼ばれます。我々は、このタイプのデータ の分析に使用できるさまざまな手法を提供します。 ここで使用するデータは、1850年から2015年までの月次の気温と海水温度です。 これらのデータは、こちらから無償でダウンロードできます: http://berkeleyearth.org/data/

目次

  1. はじめに

  2. 時系列データの可視化

  3. 時系列データの記述分析

  4. 時系列における季節性の分解

  5. Holt-Winters法

  6. 定常性の検定

  7. 時系列の差分

  8. 差分後の系列の定常性の検定

  9. ARIMAモデルでの差分後の系列のACFとPACF

  10. ARIMA モデル

  11. 結論


最新のイベント

This module focuses on Analysis of Variance, but this technique makes assumptions about the underlying distributions in our data

This course covers the excellent features in XLSTAT for investigating, visualising and modelling data sets with measurements on many variables.

This short course delivered online will show consumer scientists how to set up and learn about the routines available in XLSTAT for relating consumer acceptability to sensory/analytic measures.

最新ツィート

🗓️ We are excited to announce this year's online @addinsoft event: January 19th 2021. ▶️ New product announcement… https://t.co/MJVEi6500B

🎥 Did you miss our last #webinars ? That's not a problem! Click below to access the recordings per theme. 🔬Sensory… https://t.co/HBk2FwjdgA